レーザーテクノロジーの基本システム

レーザーテクノロジーの基本システム

レーザー発振器とはその名の通り、レーザーを発振させる機械のことです。

レーザー発振器は、励起源とレーザー媒質、光共振器のこの3つで構成されています。

レーザー媒質に力をあたえるための光源が励起源で、その光を吸収する元素を含有した物質がレーザー媒質、それらを囲む特定の波長の光を反射するミラーが光共振器です。

レーザー媒質に含有された物質が光を吸収して、低いエネルギー状態から高いエネルギー状態に変化する、これが光の吸収だそうです。

そして光を吸収した物質が、高いエネルギー状態から低いエネルギー状態に移動するときに光を放出します。

その光を吸収したある物質に、特定の波長の光を外部から入れると、光の強さに比例して強度の光が放出されます。

このような原理が使われているのがレーザー機器ということになり、結構難しいですよね。

こういったレーザーテクノロジーを開発している会社があります。

レーザー機器は高い買い物ですのでレーザーテクノロジーを駆使した専門的な会社で慎重に購入したいですよね。

Comments are closed.