レーザーテクノロジーは発振器から

レーザーテクノロジーは発振器から

レーザーテクノロジーのレーザー発振器の購入を検討されている方、選び方のポイントはご存じでしょうか。

レーザ発振器を選ぶときに重要視されるポイントには、波長、パルス幅、発振モード等があるようです。

何だかよく分らない感じですよね。

これらのポイントからプログラムの条件を満たすためのレーザ発振器の条件を考える必要があります。

少々難しいお話になってきますが、波長が長い赤外線レーザのを加工するときは、熱的な要素が大きくて、熱加工が支配的であるのに対し、波長が短い紫外線レーザの加工は、アブレーション加工とも呼ばれて、非熱加工が支配的であると言われています。

レーザー発振器とはレーザ媒体に励起光を照射することで、各レーザ媒体が持つ固有の波長を発し、この発せられた光を共振器と呼ばれるミラーに反射させて増やし、レーザ光を発する装置です。

レーザーテクノロジーって結構複雑ですよね。

でもこういったことが利用するには重要です。

レーザーテクノロジーの基本

レーザー発振器ってなんでしょうか。

私のように初めて聞く方も多いのではないでしょうか。

レーザーというと女性は直ぐに美容関連を思い浮かべないですか。

最近知人が長年悩んでいた、顔のシミを医療機器で数個取ったと言っていました。

これも恐らくレーザを使ったのではないかと思われます。

今はダウンタイムの少ない光治療も増えていますが、効果がいまいちらしいですよ。

脱毛なんかもエステ系の光脱毛より、医療脱毛の方が効果が高いようです。

顔のシミ取りレーザーの話に戻りますが、濃いシミアザの治療には、キュースイッチルビーレーザーを使う病院も多いようです。

レーザーテクノロジーであなたの会社をサポート

宝石のルビーを用いるようで、固体レーザーと言われるもののようです。

効果は高いですが、施術後のお手入れも大変ですよね。

こちらも当然レーザー発振器の一つです。

このようにレーザーテクノロジーは皆さんの身近なところにも浸透しているようで、レーザーテクノロジーを駆使した機器ばかりを開発販売している会社もあるようです。

Comments are closed.